シャンプーをやめると髪が増える

「髪がパサパサ」

「髪がキシキシ」

「髪がちりちり」

このように感じたことはありませんか?

私は学生時代から感じていました。

困るほどの症状ではなかったのですが、

「なぜツヤツヤの美しい髪にならないんだろう?」

と疑問を抱いていました。

その原因がついに分かりました。

それは…

「シャンプーをしていたから」

でした。

↑この本は…

形成外科医(肌や皮膚の専門家)の方が書いた本なのですが

・シャンプーは百害あって一利なし

・シャンプーは髪だけでなく身体にも悪影響

・シャンプーで背中や胸にできものができる

と語っています。

実際にシャンプーをやめてみると

「髪がツヤツヤに」

「髪が根元から立ち上がり元気に」

「頭皮のにおいもなくなった」

ということが起きました。

この著者の病院に来る方は神経質なほどシャンプーをしたり(朝晩)、トリートメントをしていたそうです。

結局は人間の肌を一番よくしてくれるのは人間自分自身なのです。

ボディソープなども身体表面の細菌バランスを崩してしまいます。

著者は形成外科医という職業上、様々な育毛剤や美容品を試してみましたが、どれも効果がなかったそうです。

むしろ使えば使うほど悪くなる。

結局はなにも使わず、水で洗うのが最善ということでした。

しかしシャンプーや美容品を売りたい会社は

~医師推薦

などという名目が欲しいため、医師に営業をするそうです。

↑この本はトンデモ本ではありません。

いたって真面目な本です。

「髪を元気にしたい方」

「つやつやな髪にしたい方」

「禿げたくない方」

にはオススメです。