会社が転勤をさせる理由とは…? 

会社が転勤をさせる理由

それは

「社員に反抗を起こさせないため」

でした。

転勤をさせることで

「ネガティブラポール」

を防ぐことができます。

ネガティブラポールとは

「最初に忠誠を誓った人に対して反逆したくなる気持ち」

「立場が上の人と長い期間一緒に過ごすことで友達関係になってしまう」

「強い信頼関係が逆に憎しみにつながる」

↑こういった現象のことです。

小学校で行う

「席替え」

もネガティブラポールを防ぐのに効果的です。

先生と生徒という主従関係のある存在が

長い期間が経つと

主従関係が薄れてきてしまうのです。

それを防ぐのが

「環境を変えること」

なのです。

部署を変えたり、席を変えたりすることはネガティブラポールを防ぐことに効果があります。