人の言うことを聞きなさいという教え

「人の言うことを聞きなさい」

この言葉を信じすぎてしまうと危険です。

幼少時代から親に「人の言うことをよく聞きなさいね」

と言われて育ちました。そのおかげか学校の先生や年長者に逆らうことはなくいい子として時間が経ちました。

その頃は世の中の人間は皆良い人であり悪い人はいないのではないか?という考えでした。

しかし世の中には悪い人や自分を利用しようとしてくる人がいるのです。

正直これまでの人生で人の言うことを聞きすぎました。

ここ数年はなるべく聞かないようにしています。

するとどうでしょう?幸せなのです。

人の言うことを聞けというのは危険なアドバイス・教育法です。

人の言うことを聞いていたら自分がなくなって他人に振り回されるばかりです。

例えば

「ここで辞めたら後悔するぞ!お前の為を思って言っているんだ!」

素直に聞いたらどうでしょう。「ああ、この人は私のことを思って忠告してくれているんだ…」

↑ただのバカですね。

幸せに生きたければ自分で判断し、自分の心で判断するべきです。

そこに誰かの承認や許可はいりません。