世の中には色々な人がいる 怪しい人は怪しくない?

私事ですが

先日、気になっていたカフェに行ってみました。

平日の昼間ですので会社員の方はいなかったです。

そこで会って色々とお話しをさせて頂いた方は皆なにかしらの商売をやっている自営業の方がほとんどでした。

整骨院の院長、コンビニオーナー、何をやっているのか分からない怪しい人。

ここで怪しい人について話したいと思います。

怪しい人について

人は人を見た目である程度判断します。

私が会社員だった頃はスーツをきれいに着こなして身だしなみの良い人が優れた人であり、仕事も上手くいっている人だと考えていました。

逆に変なデザインのTシャツを着ている人、髪を染めている人などは社会的に地位が低いと考えていました。

ところがどうでしょう

先日訪れたカフェでは経済的にも時間的にも自由な人が多い印象でした。

お金も時間も余っている、暇そうな人もいました(素晴らしいですね)。

その中には変なTシャツや髪形、服装をしている人も多かったです。

スーツを着た会社員というのは日本の中の一部の人種にすぎず世の中には色々な生き方をしている人がいます。

案外怪しい人、普通でない人、会社員文化とは遠く離れたところに成功があるのかもしれません。