読書をして何の意味があるの? 役に立つの?

「読書をしても意味なくない?」

「読書でなんで人生変わるの?」

「読書って頭の中だけじゃん」

↑このように思ったことはありませんか?

過去の私がそうでした。

「読書をしても現実世界に影響はないよね」

「手を動かしたほうが良い」

などと考えていました。

しかし…

「読書で人生が変わる」

は本当でした。

なぜ変わるのかというと…

①読書をする

②知識が頭に入る

③行動が変わる

④現実世界が変わる

⑤人生が変わっていた

これが変わる理由です。

1つ補足しておきたいのは

「本で読んだことを覚えていなくてもいい」

ということです。

読んだ本の内容は思い出せなくても

「潜在意識」

が覚えてくれています。

毎日の場面場面で

読書をして強化された「潜在意識」

が勝手に行動を変えてくれます。

「本を読んでもすぐ忘れちゃうから…」

と心配しなくてOKです。