理想は意外と現実になる

私が会社員を辞めたばかりの頃は1つの理想がありました。

・やりたくないことは一切やらずに

・ある程度のお金を使え

・毎日ゆっくりと生活できる環境

上記のようなものです。

会社で働くことにうんざりしていた私は当時このような理想を描いていました。

正直退職して起業したばかりの頃は金銭的に厳しく、精神的にもどん底で、抜けられない沼であがいている状態でした。

しかしながら起業後2年ほど経つと不思議と理想が現実になっているのです。

現在は

・やりたくないことは一切やらず

・ある程度のお金を使え

・毎日ゆっくりとできる時間

上記の状態になっています。

退職したばかりの頃には実現方法が見えなかったことが現実になっています。

変わるのは少しずつなので大きな実感はありませんがふと気付くと少し前に描いた理想が現実になっていました。

達成不可能と思える理想や目標は現実にすることが出来るのです。

今は新たな理想が生まれてきています。

その実現に向けて毎日をワクワクしながら進めている最中です。

サラリーマン時代と異なるのは未来に希望が持てることです。

自分が何かやりたいと思ったときには直ぐに動くことが可能です。

辞めることも容易に出来ます。

また、サラリーマンでは数年後や10年後の自分が予想できてしまいます。

正直予想可能な未来ほど退屈なものはありません。

大きな理想を描いていけば、それに現実が着いてきます。

理想や希望がなければ始まりません。