ニートでお金持ちは可能なのか?

結論から言うと

「ニートでもお金持ちは可能」

です。

数年前の私は、

「ニートになりたい」

「引きこもりになりたい」

「家にいたい」

「でもお金も欲しい」

↑このように考えていました。

大学を卒業して会社員となったものの、

「毎日働く」

「毎日通勤」

「無意味な仕事の多さ」

「無意味な人間関係」

にうんざりしていました。

1年づつ3社ほど渡り歩きましたが、

出た結論は

「1人でやるしかない」

ということでした。

そこから起業してみますが、なかなかうまくいかない。

右往左往して何をやったらよいのかも分からない。

そこで行ったのは

「YouTubeで自己啓発動画をみる」

「本を読む」

「すでにニートで稼いでいる人の話を聞く」

でした。

そういった学びの影響で、

「YouTubeチャンネル作成」

「ブログ作成」

「Amazonアソシエイト開設」

「Googleアドセンス開設」

などを行ってきました。

上記のプラットフォームは自分の時間を何倍、何十倍、何百倍にしてくれるんですよね。

「1度作成した動画や記事が何度も読まれる」

「1年経っても収益を生み出してくれる」

「自分が何もしていなくても収益が発生する」

↑ニート思考の人間にとってこれほど最高なことはありません。

初めてバイト1日分のお金をネットが稼いでくれたときには嬉しさのあまり叫びましたね。

僕は決して働くのが嫌なわけではないんです。

「時代遅れの上司」

「時代遅れの価値観」

「無思考な人間」

「無意味な常識」

↑これらが好きではないだけなのです。

「わずかな努力で最大の結果を出す」

多くの成功者がおすすめしている名著「エッセンシャル思考」にも書かれていますね。

「世の中のほとんどのものが無価値である」

私は同じことを何度もやるのが嫌なのです。

「システムを作り、それを回したい」

「宇宙の流れを利用したい」

「生命エネルギーを活用したい」

だけなのです。