Opolar LC06 吸引式ノートPC冷却ファン 使ってみた レビュー

ゲームをするとPCがめちゃくちゃ熱くなります。

冬はPCの温度はあまり気になりません。

しかし夏になるとPC排気口からの温度がかなり高温に…

さすがにこのまま使用し続けるのはまずいと思い、冷却ファンを買ってみました。

デスクトップ型PCであれば排熱も問題ないのでしょうがノートPCは熱が厳しいです。

ノートPC用のクーラーですと

「排気口に取付けるタイプ」

「ノートPCの下に敷くタイプ」

に分かれます。

Amazonのレビューを確認するとノートPC下に敷くタイプはあまり効果がない様子。

排気口に直接取付けるタイプでもいくつか種類がありますが、全体的にこの手のクーラー系は怪しい物が多かったので安価すぎない質感の高そうなモデルを選びました。

P_20170807_180724_HDR.jpg

USBケーブルと排気口との接続ゴムつき。

質感も悪くありません。

P_20170807_180744_HDR.jpg

Lenovo B590と共に使用。

排気温度を計測し自動でファンの強弱をつけてくれるATモードが便利です。

P_20170807_181101_HDR.jpg

PCを使うと温度が上がります。

P_20170807_181130_HDR.jpg

MTモードにすれば温度とは関係なくファンの強さを自分で設定可能です。

実際に使用してみるとかなりの送風能力があります。

例えるならドライヤーの弱といった風力です。

強さを中の設定でかなりの風量です。最大に設定すれば風量に不満は出ないかと。

静音設計とありますが音はそれなりにうるさいです。

ヘッドホンをしてのプレイでもファンの音が聞こえますので決して静かではありません。

ヘッドホンなしでの使用はストレスがあります。

温度を下げるためにもPCファン周りの掃除も同時に行いたいです。

↓Opolar LC06吸引式ノートPC冷却ファン