格安スマホを使ってみたけど… やっぱりiphone!

起業したばかりの頃、収入の見込みがほぼない状態だったので固定費をとにかく下げたいという気持ちでした。

当時はiphone5sを使用していたのですが壊れて新しいスマホが必要になりました。

当時ドコモに月々5,6千円ほど支払っていたので格安SIMと格安スマホを導入しました。

スマートフォンはASUS Zenfone 2 Laser

格安SIMはNifmoにしました。

スマホ本体が2,5000円ほど

格安SIMは月々2,000円ほどです

自宅にはwi-fiが通っているので格安SIMは素晴らしい選択でした。

毎月の通信費が2,000円ほどなのはかなり助かります。

一方のASUSのスマートフォンですが、

iphoneと比べると動作がもっさりしており、カメラがブレやすい等かなりストレスを感じました。

もちろんスマホヘビーユーザーでなければ格安スマホでも気にならない人はいます。

しかしながら一度でもiphoneやハイエンドモデルを使用したことのある人間はストレスを感じるでしょう。

結局2年間で端末代として節約できたのは45,000円程度(70,000円のスマホと比べて)でした。

今思えば2年間の快適なスマホライフを45,000円で買えるのなら安いものだと感じます。

コンフォート原則というものがあり、1日の中で多くの時間使っているものにお金をかけると快適になれるというものです。

スマホをあまり触らない人は格安スマホも悪くはありませんが、ネットユーザー、スマホヘビーユーザーはハイエンドモデルにしたほうが明らかに良いでしょう。

しかも格安スマホは買取額がつきません。

ASUS Zenfone 2 Laser の買取価格は数千円ほどです。

中古でも人気のあるiphoneなら定価の1/2や1/3で売却することが可能です。

実は70,000円と25,000円の差45,000円ではなく

70,000円-20,000円(売却価格)=50,000円

25,000円-2,000円(売却価格)=23,000円

50,000円-23,000円=27,000円

となります。わずか27,000円での差で快適な2年間のスマホライフが買えるなら安いものです。

というわけでiphoneの購入を検討中です。

格安スマホ→iphone8にした結果www