【百年後の日本人】 苫米地英人 抽象度が上がりすぎてヤバい!

「100年後はどうなっているのだろう?」

「未来はどうなっているのだろう?」

↑このように考えたことはありませんか?

私はあります。

そんな疑問に答えてくれている本が

です。

著者は1980年代に

「衛星を打ち上げて宇宙空間を地上げしよう」

と上司に提案し、無視された過去をもつ人物です。

そんな苫米地博士が語る未来は…

「日本国がなくなる」

「日本が世界のリーダーになる」

「民間軍事会社の台頭」

「超格差社会」

「ワープエンジンで10光年先へ3日」

「宇宙で暮らすのが当たり前」

「遺伝子書き換え」

「機械と人体の融合」

「不死」

「人類が宇宙人」

「意識の偏在化」

などが挙げられています。

読んでいると

「思考が未来へワープ」

「時間軸がめちゃくちゃ広がる」

「抽象度が爆上がり」

「頭がぐわんぐわん」

になります。

これは読むと価値観が変わる本です。