【学校は行かなくてもいい】 学校に行かないという素晴らしい選択

「学校に行きたくない」

「不登校でつらい」

「子供が不登校なので治さないと」

↑このように思ったことはありませんか?

私はあります。

これまでの世の不登校本は…

「不登校が治ったら解決」

「学校に行ければ解決」

「不登校はダメで直すべき存在」

↑このような本が多いです。

しかしながら、現在大学生の方が著者だけあって

「学校ってそもそも行かないとダメなのか」

「学校に行ければ問題が解決するのか」

「学校に行かない方が良いのでは」

という新しい視点があります。

そもそも不登校児は

「学校に行きたくない」

のです。

学校というのは工場労働者を生産する場所として生まれました。

イギリス産業革命時に大量の工場労働者が必要になったのが学校が生まれた理由です。

日本の学校も

「週5で登校」

「目上の人の言うことを聞く」

「集団を乱さず行動する」

「休憩は10分」

ということを求められます。

これらに

「No」

を言えるのが不登校なのです。

若い世代の間では

「自分の子供を学校に行かせたくない」

という人が多いです。

学校に通うことが、子供の幸せに結びつかないことが判明してきたのです。

これまでは

「不登校は直すべきダメな存在」

として扱われてきましたが、

これからは

「不登校こそが正しい。未来を切り開く存在」

として広がっていくでしょう。

成功者の本や自由自在な人、未来志向の人の本を読めば

「学校に行くほうがおかしい」

「近い将来学校はなくなる」

「学校教育は無意味」

ということが分かります。

不登校の方は自分に自信を持って

「不登校こそが未来を切り開く」

「不登校はまとも」

「不登校は偉い」

という事実を確認してください。

幸せな人生を送れるかどうかは

「自己肯定感」

にかかっていますので、

自分を責めることはせず、自信をもってください。

自分自身の評価は過大評価くらいがちょうど良いです。

不登校の未来を切り開く本↓