既に稼ぐ場所は現実ではなく情報空間に移っている!

「毎月の給料はたかが知れている」

「労働時間を増やしても大して稼げない」

「今後給料が上がる気がしない」

このように感じたことはないでしょうか。私はあります。

このままでは生活していくことは出来ますが…

「労働に縛られたままになる」

「大きく稼げない」

「時間と場所に縛られたまま」

このようになってしまいます。

しかしながらごく一般的な働き方ではこのようになるのは当然です。

いくら頑張っても大してリターンがないのは当たり前なのです。

これは1個人の能力が高くても低くても同じなのです。

旧来の労働という仕組みの中にいる限り1個人ではどうしようも出来ないのです。

そこで解決策となるのが…

「デジタル商品を作ること」

です。

デジタル商品なら…

「分身の術が使える」

「時間、場所に囚われない」

「物理の制約を超えて稼げる」

のです。

しかしながら

「何をデジタル商品にすれば良いのか分からない」

「自分にはデジタル商品に出来る知識なんてない」

と思う人もいるでしょう。

そのデジタル商品の作り方について教えてくれるのが

エベン・ペーガン氏の

「あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法」

です。

この本の中では

「デジタル商品を作るのは簡単」

「デジタル商品が生み出す巨大な利益」

「21世紀で最も価値のある必需品は知識」

について語られています。

現在、企業価値が高い企業は情報を扱う会社ばかりです。

・Google

・Apple

・Microsoft

いち早く情報空間で自由自在に富を生み出し、自分にレバレッジをかけていきましょう。

「あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法」