【アファメーションバイブル】 アファメーションとコーチングについて理解を深めたいなら 清水有高

「アファメーションの効果をもっと上げたい」

「コーチングの効果をもっと上げたい」

「ルータイスについて理解を深めたい」

↑このように思ったことはありませんか?

私はあります。

この本の中では

「ルータイスという人物について」

「ルータイスが作り出したアファメーションについて」

「ルータイスのコーチングについて」

詳しく書かれています。

特に

コーチングやアファメーションについて

「キリスト教を信じる者にとってのアファメーション」

「宗教的な背景」

「文化的な背景」

を細かく説明してくれています。

「アファメーションという本を作ったルータイスはどんな人物だったのか?」

「そんな人物に影響を与えたキリスト教とは?」

「日本人が考える宗教と海外の人が考える宗教は全く違う?」

アファメーションの持つ本来の意味について

「歴史的な背景」

「文化的な背景」

「宗教的な背景」

から解説してくれています。

アファメーションという一冊の本は名著ですが、

その本が出来た背景を知ることが大きな意味を持つとは思いませんでした。

著者の方は大変な読書家であり、

「ルータイスとは?」

「苫米地英人とは?」

「コーチングとは?」

「アファメーションとは?」

について様々な角度から研究し、成り立ちや背景について調べていったようです。

正直驚きですね。

相当の

「知的好奇心」

「解明したいという欲求」

「実践したいという欲求」

がなければ難しいでしょう。

逆に言えばここまでコーチングとアファメーションについて調べて学べば、

「コーチング理論が使える」

「アファメーションが効く」

のは当たり前ですね。